山形県西置賜郡小国町

渡邊拓磨

農事組合法人 小国きんたけ工房

乾燥キクラゲ

◆お客さまへのご挨拶◆
 小国きんたけ工房の渡邊拓磨です。山形県の小国町出身のきのこバカです。
きのこが好き過ぎて、きのこの素となる菌床から製造し、更には菌床の素になる広葉樹のチップにもこだわる程になってしまいました。
 間違いなく皆様に安心・安全そして美味しいきのこをご提供いたします!
私は「初級バーベキューインストラクター」の資格もありますので、商品だけではなくご購入いただいた後も、美味しいきのこの食べ方なども提案出来ますので、気軽にご連絡ください。

◆農家になった経緯 ◆
農家ときのこ屋に生まれました。当時は家業を継ぐ事は全く考えておりませんでした。
しかし一度地元を離れた事で、世界一の田舎(いなか)と称されたこの地域が好きになってしまい。家業を継げば一生ここで暮らしていけるな!と思ったのがスタートです。

◆小国町でのきのこ栽培について◆
 山形県最南端である小国町。飯豊・朝日の両連峰に囲まれた雄大な自然の中で、潤沢な雪解け水を使い丹精込めて育てております。香り・味わい・食感に優れ、栄養がしっかり詰まった自慢のきのこを是非ご賞味ください。
◆伝えていきたいこと◆
 「きのこ」と一言で言っても、世界中に何百万種類というきのこが存在します。椎茸1つ取っても今現在、日本だけでも100〜150種類の椎茸が存在しています。その全てが味・香り・見た目・作り方が全て異なります。それだけに生産者がどの品種を選んで消費者の方々へ提供しているかで作り手の想いや信念が感じられます。だからこそ、生産者と消費者の方々が一緒になって美味しいきのこを作っていける事を伝えていきたいです。ご意見ご要望お待ちしています!

◆今後の展望・夢◆
 今現在、きのこを発生させた後の廃菌床を牛の餌にする事業を展開中です。きのこに使う栄養体と牛の餌の概念が同じだったことから進んだ事業です。小国町は和牛農家も多数いることから後々はきのこと和牛のコラボが出来るようになるでしょう♪

渡邊拓磨さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください