徳島県勝浦郡勝浦町

柳田 晃

柳田農園

ハウスせとか、パッションフルーツ、すだち、温州みかん

◆こんにちは、柳田(ヤナダ)農園の柳田晃です
千葉県出身で、現在は徳島県勝浦町在住です。
以前は東京でIT関連の仕事をしておりましたが、結婚を機に妻の実家である徳島県に移住し、
農家の跡継ぎとして農作業をしております。

◆みかん農家を継いだ理由
徳島県で農業をしようと思ったのは、徳島みかんを食べたことがきっかけでした。
千葉で暮らしている時は冬になるとスーパーでみかんを買っていたのですが、はずれを買うといつも食卓に残っていました。しかし、妻の実家のみかんを食べるようになって10kg箱を買っても、どれもおいしいことに驚かされました。
しかし、そのおいしいみかんも跡継ぎがいないために、なくなってしまうことを知り、こんなにも美味しいミカンがなくなってしまうのはもったいないと思い、跡継ぐことを決心しました。

◆生産物・地域の紹介
徳島県勝浦郡勝浦町は全国的にはあまり知られていませんが、みかんの産地です。
周りは山に囲まれており、町の中央部には鮎釣りなどを楽しめる勝浦川が流れています。
勝浦みかんの特徴としては、収穫後、土蔵で貯蔵を行い、酸味が適度に抜けて、糖度が増してから出荷する「貯蔵みかん」です。
我が家の主な生産物は柑橘類で、「温州ミカン」「すだち」「せとか」になります。
その他にも「ゆこう」「チャンドラポメロ」「はっさく」など少量ではありますが栽培しております。

我が家の温州ミカンは、全国では珍しい貯蔵に適した晩生品種の十万温州・古田温州が主流です。
また徳島県で発見された中生品種の片山温州も栽培しております。
偶然にも片山というのが私の旧姓でとても愛着があります。
柑橘の女王と呼ばれている中晩柑のせとかは、樹上で完熟させるため、ハウス栽培としております。
夏は徳島の特産のすだちの出荷もしております。

また、私が新しく始めたのがパッションフルーツの栽培です。
海外での生活をしているときにパッションフルーツジュースを飲み、その印象が忘れられず、栽培を始めました。

◆子供を持つ親として
徳島にきてから子供が二人生まれました。子を持つ親としては子供がおいしいと思えるもの、
また子供が食べても安全なもの、また安全な畑で一緒に生産物を育てられるものを作りたいと
思っています。またそのことを消費者の方にも同様に届けられるような農業をしていきたいと考えております。

◆今後の夢
農業での安定した収入の確保を目指しています。市場出荷などでは毎年値段が変わります。
これでは安定した経営ができません。物が少なくても、物が多くてもいつも同じような値段で商品を提供でき、また購入して頂けるような関係をポケマルでも、違うところでも築けていきたい。

柳田 晃さんの出品商品はありません。