石川県小松市

中野聖太

なかの農園

トウモロコシ,ミニトマト,パプリカ

◆はじめまして、なかの農園の中野聖太です
石川県出身。小松市在住です。
四六時中農業のことで頭がいっぱいです。
何を作付けしよう、どんな品種があるのか、どのように育つのか、おいしさを生み出すにはどうすればいいのかなどなど、いつも頭の中がぐるぐるしていますが、それが楽しい(笑)

◆博士か農家になることが夢でした
小学校の頃の私の夢は、博士か農家でした。まずは博士を目指して大学院の修士課程まで進み、研究職に就こうと就職活動をしました。しかし、志望した企業からは内定をもらうことができませんでした。そんな中でこれから自分はどうしたいのかを考え直していると、ふと小学校の頃の夢のことを思い出しました。これまでもゆくゆくは農業をしたいと考えていましたが、この際先延ばしにしないで思い切って農業をしようと決意しました。
大学院を修了し、実家に戻りました。そして農業の勉強をする為に、石川県が主催するいしかわ耕稼塾に通いました。そこでは基本的な知識を学び、実際にいろんな野菜を作付けして栽培の流れをつかみました。
当初はトマト栽培に専念しようと思っていましたが、耕稼塾での経験を通して多品目栽培の楽しさを知ることができました。
その後実家でトマトとコメの栽培を手伝いながら、その他の野菜も栽培して直売所に出荷するようになりました。

◆生産物・地域の紹介
小松市は石川県の南西部に広がる豊かな加賀平野の中央にあって、日本海に面しています。
霊峰白山を望む地下水が豊富な地域で農業を行っています。畑から見る白山の姿は一番綺麗だと勝手に思っています。

作物が必要なときに必要な栄養を吸収できる環境を作ると共に、有機物を投入して微生物が豊かな土壌を目指しています。
そんな環境で栽培した野菜はみずみずしく、我が家でもいつもおいしく食べています。
特におすすめなのは、あま~いスイートコーンと、樹上で完熟させるパプリカです。
スイートコーンはぜひ生で食べてほしいです。
パプリカは直火で真っ黒に焼いて、皮を剥いて食べると甘さが際立ちます。
野菜は生育期間中において化学農薬を使用せずに栽培するので、安心して食べていただけます。

◆大切にしていること
私が農業をする上で大切にしていることは、ワクワクすることです。農業は作物の生理・生態や外部環境など、複雑に絡み合っていてわからないことだらけ。そんな世界を知識と経験を積み重ねて少しずつ理解していくことに対し、非常な楽しさとやりがいを感じます。私は実践家として常に試行錯誤を繰り返し、おいしさと安心・安全を追及し続けていきます。
その結果できる野菜を皆様にお届けし、喜んでもらえたなら、とても嬉しいことと思います。

◆これからの目標
野菜を食べてくれる人はもちろん、農業に関心がある人達とのつながりを広げ、農業にワクワクする気持ちをみんなで共有したいです。

中野聖太さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください