京都府相楽郡精華町

中村禎男

-

レタス,エビイモ,里芋,赤芽芋

◆お客さまへのごあいさつ
山城せいか自然農園の中村禎男と申します。
地元、京都府南部の山城の地 精華町にて自然農法を実践しています。
より多くの人に作物を届けられるように頑張ります。

◆自然農法をはじめた経緯
実家は兼業農家、幼い頃は田んぼでよく虫や小魚等を捕まえて遊んだり自然が好きでした。
学生時代は水質汚染、大気汚染等を学ぶのですが、問題に対して行動をすることはありませんでした。
社会人になり十年以上地元を離れていましたが、30歳で再び地元に戻り農作業を手伝う中で生物の減少、耕作放棄地の増加、これはいけないと感じました。同じ頃、自然農法というものを知りこれまで学んできた問題や地元の環境の変化を改善するのに可能性を感じました。
最初は、本を読んで独学でやっていたのですが、本格的にやってみたいと思って仕事を辞めて、自然農法の農家さんへアルバイトに通って勉強させていただきました。現在は地元に戻り学んだことをいかして必死でやっています。

◆生産物・地域の紹介
農地は京都府南部の暖かい地域にあり、きれいな地下水、近くを流れる木津川があり水が豊富な地域です。
作物は、その豊富な水をいかした 米、里芋が主要作物になります。
まだ、作物の種類は少ないですが、これから品目をすこしづつ増やしていきます。

◆今後の夢
・地元の耕作放棄地を自然農法の圃場にかえて、人も周辺にすむ生き物たちも豊かに生きれるような農業をしたい。
・耳にタコができるぐらい「安心・安全」という言葉が聞こえてきますが、こんなこと言わなくても安心・安全があたりまえになってほしい
そのために自分ができるのは少しでも多くの作物を栽培して食べてもらこと。

中村禎男さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください