山形県鶴岡市

渡部康貴

與惣兵衛

だだちゃ豆 味噌

はじめまして!
與惣兵衛(よそべい)の渡部康貴です。
與惣兵衛は江戸時代から続く屋号で、代々農業を営んでいます。
▼もっと読む▼

【都会に出て見つめ直した農業の価値】

農家になったきっかけは、子供のころにさかのぼります(笑)
僕は農家の次男坊で、子供のときは真っ裸で田んぼに入って泥まみれになって遊んでいました(笑)
子供の時はそんなんだったのが、20代の時は都会に憧れ上京し、エンジニアや営業の仕事をしながら日々を過ごしていました。
だけど、子供が生まれたこともきっかけとなって、都会での生活になにか違和感(息苦しさ?)を感じ、「生涯このまま都会で終わらせたくない」と思い、実家の山形県鶴岡市に家族共々戻ることを決意したのがきっかけです。

農業から一度離れていたからこそ、農業がいかに大事で尊いもので、もっともっと価値がある(認められる)仕事だと感じています。


【夢は、100年続く農業】

土と触れ合い、自然と寄り添い、命を創る。
工業製品のような生産効率などでは図れない、コントロール出来ない大自然の中で作った「だだちゃ豆」を是非価値のわかる方に食べて頂きたいです。

夢は「100年続く農業」です。
我が家の農業が次の世代、また次の世代と続いていけるように、
「稼げる農業」「喜ばれる農業」「楽しい農業」
を創っていけたらいいなと思っています。