長野県安曇野市

東稔丈

SAMA SAMA FARM

ニンジン,ニンジンジュース

◆御覧いただきありがとうございます
初めましてSAMA SAMA FARMの東 稔丈と加奈子です。
長野県北アルプスの麓、大自然に囲まれた安曇野市という場所で環境に優しい 無農薬無化学肥料栽培 をしています。

農園名の由来はマレーシアの言葉「SAMA SAMA=どういたしまして」からきています。皆様に感謝しながら農業をしたいという思いから農園の名前にしました。他にも「みなさま」「ごちそうさま」「おかげさま」という意味もこめられています。


◆農家が私自身の幸福感に一番近い職業だと確信した
30代にお米と露地野菜を作った時に、目の前に大量の食べ物があることの安心感と食べながら収穫する幸福感から、農業はいいなと思うようになりました。
本格的に農業をするきっかけになったのは、30代半ばにサラリーマンを辞めて長野県に移住し次の仕事を模索しているときに、近所の農家さんが農業研修を受け入れていることでした。

私はそこで農業を学びながら、私自身の幸福感に一番近い職業だと確信し、就農することに決めました。


◆生産物・地域の紹介
北アルプスの冷たい雪解け水、昼夜の寒暖差と豊かな土などの最高の条件が 野菜を美味しく育てます。

作物はお米、ニンジン、タマネギ、カボチャ、ニンニクで栽培方法は無農薬無化学肥料栽培です。(一部のお米は低農薬無肥料栽培)


◆環境と健康に配慮した無農薬無化学肥料栽培に取り組んでいます
見栄えのよい安価な野菜を栽培するには肥料や農薬が必要です。
一般的に売られている野菜の原価は低く、経済的な理由で肥料や農薬に頼らざるをえない現状です。
しかし、窒素の過剰投与は環境負荷が大きく、水質汚染や硝酸態窒素(発がん性物質)の増加を引き起こします。また、農薬による健康被害も危惧されています。

安心、安全な「食」とは父母が作る家庭菜園のようにごく自然なこと。
そこには農薬も過剰な肥料も無いという思いから、 SAMA SAMA FARM では環境と健康に配慮した無農薬無化学肥料栽培に取り組んでいます。


◆今後の展望・夢
SAMA SAMA FARM の 無農薬無化学肥料栽培 を10年後、20年後も続けられるようにしたい。

SAMA SAMA FARM は商品として売れないけどまだまだ食べれる野菜を、畑に捨てずに子供食堂に届けています。
将来、沢山の農家が地域の子供食堂を支える。そんな姿を夢見ています。

東稔丈さんのコミュニティ

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

keiki
2019.07.25.
大変飲みやすく美味しく毎日飲んでいます😊
ご馳走さまでした。また注文します🥕