山梨県南巨摩郡身延町

浅野秀人

西嶋ベース

あけぼの大豆 枝豆(10月第2週頃から)

令和大嘗祭にも供納された、山梨県身延町の特産「あけぼの大豆」を中心に生産しております。

 あけぼの大豆とは、一般的な大豆に比べて粒が大きく、10粒並べると6寸(18cm)にもなり別名「十六寸(とうろくすん)」とも呼ばれていました。重さも一般的な大豆に比べて1.6倍もあります。
 もう一つの特徴は非常に甘みがあり、成分に含まれる糖の総量は100gあたり、11.4gと一般的な大豆の1.2倍も含まれております。特にショ糖(砂糖の主成分)の割合が高く、豊かな食味があります。
 また大豆の中では収穫時期が遅く「極晩成種」という種類に分類され、畑でじっくりと時間をかけて成長します。