宮城県伊具郡丸森町

佐藤 靖

佐藤ファーム

干し柿 養蚕

■お客様へのご挨拶
はじめまして。
宮城県の最南端にある丸森町で、夏は養蚕、秋冬は干し柿づくりを営んでいる佐藤ファームの佐藤靖です。

■丸森町とは?
宮城県と福島県の県境にあり、町の中心を阿武隈川がながれます。川が運んでくれる冷涼な風を利用して昔から養蚕や干し柿づくりが盛んな地域です。かつて養蚕の守り神として猫を神さまとして祀った石碑が日本でいちばん多い猫神さまの町でもあります。

■養蚕と干し柿について
いわゆる中山間地といわれる地形で平らな土地が少ない特徴でも継続性のある品目として養蚕と果樹を選択しました。
干し柿については有名な「あんぽ柿」発祥の地である福島県伊達市五十沢地区と隣接しているので、古くから栽培加工技術を研鑽してきました。
「蜂屋柿」という最大級の渋柿を使用します。鮮やかな柿色としっとりとした表皮、とろっとした柔らかな果肉が特徴です。
佐藤ファームでは甘さとともに上品な香りとの調和がとれた干し柿を目指しています。