長崎県雲仙市

川内修一郎

有馬黒糖研究会

黒糖

 私たち有馬黒糖研究会は、長崎県・島原半島での黒糖文化を守りたいと、2016年より、南島原市と雲仙市で、黒糖作りをスタートしました。
 雲仙山系の裾野で、サトウキビは有機栽培、そして、黒糖を6時間手作業で釜炊きして作り上げています。その黒糖は、純度糖度が極めて高いものに仕上がり、ひとくち含めば、上品で雑味がなく、スッと心と体に沁み入る甘みです。
 生産量が限られていますので、今までは長崎県南部でしか卸していませんでしたが、「ながさき食べる通信」で特集されたことをキッカケに、県内外多くの方々へ、私たちの黒糖をお届けしたいと思い、ポケマルさんへ出品させて頂きます。
「おいたちの作った黒糖ば食べてくれんね!ほんに、うまかけん‼︎」