山梨県山梨市

太田欽也

おととわ

プラム、柿

おととわ農園の太田欽也、美保です。
2011年の東日本大震災を機に山梨県山梨市に移住し、現在はプラムを栽培しております。
映画にもなった「奇跡のりんご」でおなじみの木村秋則さんから学んだ、肥料や農薬を使用しない自然栽培を実践し、愛情をかけまくっております(笑)

ぎりぎりまで樹の上で完熟させるため、私たちのプラムは非常に甘くなり、
「プラムってこんなに美味しかったんだ!甘かったんだ!」
という声もたくさんいただきます。自分たちが育てた果実で誰かを笑顔にできたらと願い続けてきた私たちにとって、それはこの上ない幸せです。

なかなか思うようにいかないこともありましたが、私たちが自然栽培を通して見つけた答えは「偉大な自然と向き合い、ただただ寄り添う」というとてもシンプルなものでした。

さて、ここで不可思議な面白いエピソードを1つ。
ある日、一本の木の枝に農機具を立てかけて帰ったことがありました。
そして次の日に畑に行くと、立てかけていたその枝だけ、昨日までなっていたはずの実が地面にほとんど落ちていたのです。

他の枝、他の木はなんてこともないのに、どうしてでしょう。
とても不思議ですが、自然は時に優しく、時に厳しく、私たちに大切なことを教えてくれます。
人間だって、重いものを担がされたまま放って置かれたら嫌ですよね。自然だって、同じなんです。

自然の前では、人間は本当に無力なものです。傲慢さを取り去り、同じ命である自然も虫も人間も共存できる豊かな世界を目指し、これからも自然に寄り添う農を実践していけたらと思っています。

♪風の音 鳥のさえずり 胸の鼓動
動物も虫も 人も大地も星も
今 ここで共に生きる奇跡 喜びを感じ合える
万物全ての命の音が永久に響きゆくように

おととわという名前には、このような想いがこめられています。