静岡県浜松市

森島宏昌

もりしま黒豚

黒豚肉

初めまして。静岡県浜松市浜北区で黒豚を育てています森島宏昌です。
2001年に静岡県立農林大学校を卒業し、家族で経営していた産直型養豚に就農しました。
「食卓を笑顔にする豚肉創り」を目標に日々の仕事をしています。

☆私共の飼育する豚の特徴
英国系統の純粋黒豚(バークシャー種)のみを飼育しています。

飼料はイースト K JAPANが特許を持つ掛川酵母菌を利用した無薬の発酵飼料、水は天竜川水系の地下水を与えています。

出来る限り豚にストレスや無理をかけない養豚にこだわり、母豚がお産で消耗した体力の回復期間をしっかりとる為に通常よりも2週間ほど長い授乳期間にする事やおが屑をふんだんに使い事故防止をする平飼いにこだわり、肥育期でも一頭当たりの3㎡以上の面積を確保し自由に動き走り回ることができる豚舎構造にするなど豚にストレスを出来るだけ与えない工夫をしています。
常時約500頭の小規模養豚です。

当農場で育った豚は、日本でトップレベルの都内百貨店で常設商品として取り扱って頂き高い評価を得ています。

☆黒豚とは
黒豚は一般のLWD(三元豚)やハイブリット豚に比べて、産まれる子豚の数が少ない事や大きくなるのが遅い事などから生産数が減ってしまった為品種改良も進みにくく飼育の難しい豚です。
また現在の日本の豚肉格付けシステムでは産肉量が少ない為、格付けが悪くなり一般の市場流通では買いたたかれてしまいます。
ただお肉の美味しさは多くの皆さんが知る所で、筋繊維がきめ細かく、歯切れのいいお肉であることが有名です。また、保水性が高く、脂肪組織の水分含有量が少ないことから、引き締まった肉質で水っぽさのないジューシーさを味わうことができます。脂肪融点が高く、溢れる肉汁を感じられるのも魅力です。