兵庫県朝来市

久 洋平

ひさ農園

青葉も白根も食べられる『岩津ねぎ』、小玉スイカほか野菜類

こんにちは!久 洋平です。94年生まれ、静岡県出身。
兵庫県の北部、朝来市という地域で ひさ農園 を営んでいます。



【 ある言葉に突き動かされ農業の世界へ 】
 私はある言葉がきっかけで農業の世界へと飛び込みました。
その言葉は

「 Money can't eat(お金は食べられない)」

これは大学時代に出会った、ある農村で働くフィリピン人女性の言葉です。
野菜や他の食べ物を買うことができるのは、
「お金がある」からではなく、「誰かが作ってくれている」から。
一見当たり前のようですがそれまで真剣に「食」について考えたことがなかった私にとってこの言葉は衝撃でした。
 その後、1年半大学を休学し農業の現場で働きました。各地を回るなかで現在就農している朝来市に出会い、大学を卒業後就農しました。


【地域の紹介】
朝来市は兵庫県の北部、但馬エリアの一番南に位置する小さな農村地帯です。生野銀山や竹田城跡等の名所があります。市の中心には円山川が流れ、オオサンショウウオやコウノトリが生息する生態系の豊かな地域です。寒暖差が激しい中で育つ野菜たちの味は格別です。



【終わりに】
朝来市の在来種、岩津ねぎの生産者も全国同様に高齢化しています。
200年以上種をつないできたこの作物を来世にもつなげるべく頑張って栽培しています。一人でも多くの方に召し上がっていただけると嬉しいです。ご注文お待ちしております!!