愛知県新城市

白井いくみ

もっ茶んのお茶 白井茶園

はじめまして!もっ茶んのお茶白井茶園です。
家族でお茶を栽培から加工、販売までを行っている生産農家です。

もっ茶んのお茶 白井茶園は主人の名前が基之(もとゆき)なので近所の方から「もっちゃん」と呼ばれているのと、姓が「白井」なのが由縁です。


【気がつけば40年!】

父の代で田んぼだった畑を全て茶畑に替えました。店舗を持たない生産者だからできる価格と品質をお届けしたいと茶農家2代目を継ぎました。
「お値打ちで美味しいお茶を」とお茶を作り始め気付けば40年近く経っています。


【もっ茶んのひみつ】

新城市は愛知県北東部に位置するのどかな市です。
しんしろ茶の歴史は古く、安土桃山時代の文献にも登場しています。
また現在では愛知県一の煎茶生産量となりました。
豊川の清流と爽やかな緑、山あいから沸き立つ朝霧はお茶を美味しく作るために欠かせません。
もっ茶んのお茶は全て、伸びてきた新芽を遮光して育てる「かぶせ茶」です。
「かぶせ茶」にすることで苦味を旨味に、綺麗な緑色のお茶に変わります。
また、「かぶせ茶」に多く含まれるテアニンには高いリラックス効果があると言われています。


【お茶界の職人です】

皆様に安全でおいしいお茶を提供したく2005年に愛知県の「エコファーマー」の認定をうけました。
2016年には愛知県の茶園品評会(お茶の木の状態、根の状態、畑の土の状態などに点数をつけます)で1位をとることができました。

お茶を加工するうえで機械任せにする人が多い中、全て自分の手で確認し、納得のいくもの作り上げていく姿はまさに職人です。

一人でも多くの方に「日本茶って美味しい!」と言っていただけるようにご提案できたらなぁと思います。


【お茶で「ホッ」を取り戻す】

日本茶は昔から家庭の中に当たり前にあるものです。それが近年「日本茶って難しい」と敬遠されるようになってきてしまいました。
しかし、自分に合ったお茶に出会うことでホッとする時間を日々の生活に取り戻して欲しいと思います。


もっ茶んのお茶白井茶園では、美味しくお茶を飲んでもらうため、ご注文頂いてから最後の仕上げをしています。その為お届けに少し時間がかかってしまいます。
また、賞味期限も通常1年のところ、より美味しいうちに味わっていただくため6ヶ月となっております。ご注意ください。

お茶は最後の仕上げをするとそこで味が止まってしまいます。
なので、専用の冷蔵庫で熟成し、注文事仕上げることでその季節の美味しいお茶を飲んでいただけます。

新茶はさわやかな新芽の香り、夏を越したお茶は芳醇でより深みのある味わいに変わります。
同じお茶でも季節事に変わりゆく味わいをお楽しみいただけます。


#エコファーマー