愛知県田原市

石井芳典

渥美半島☆石井農園

純系トマトと純系メロン

渥美半島石井農園代表、石井芳典

舞踊好きな祖母の影響を受け、3歳から剣舞を習う。9歳の時、同学年で剣舞日本一の子の圧倒的な舞踊を見て自分も日本一になると決心。16歳でその夢を叶える(名前で動画検索すると見れます)18歳で極真空手の指導員となる。22歳で上京、殺陣師林邦史朗さんと出合いスタントマンとして芸能界で働く。25歳の時、母親が病死。田原市の実家へ帰郷、トマト栽培を手伝う。船を買い、海に潜って魚を突いたり、網で漁もしたり、寿司を研究。寿司飲み会がもらい酒みなと旅で放送。34歳、寿司を食べにきた東京のイタリア料理教室先生から日本のトマトはまずいと言われ、トマトの歴史を調べ、3000年の進化を辿ったアメリカエアルームトマトの存在を知る。そして栽培(エアルーム=f1ではない純系)その容姿と味に魅了され一気に農業の魅力に引き込まれる。地元で傑作と呼ばれた純系メロンも発見、栽培。畑は自らの想像力の現れであることを実感する。現在自ら納得のいく農業スタイルを確立するため日々奮闘中!