鹿児島県鹿児島市

室屋智美

有限会社ファームランド櫻島

桜島大根、桜島小みかん、ピーマン他

【メンバーと農法】
ファームランド櫻島のメンバーは、代表の室屋智美、父・村山利清、母・昭江、妹・押川さおりの4人。栽培の責任者は、父の利清です。

伝統野菜の桜島大根や桜島小みかんをはじめ、様々な農産物を化学合成農薬や化学合成肥料を使わずに栽培しています。また、海藻を乾燥させて肥料として畑にまいています。桜島の灰と海藻のミネラルが土壌微生物を豊かにして、作物を美味しく育てて、吸収されなかったミネラル分は海へ戻り、そのミネラルが海藻や魚たちを育て、その海藻が再び畑に戻ってくる循環型農業です。

【想い&活動】
私たち家族は、伝統野菜である桜島大根と桜島小みかんを守り続けることで、桜島の文化を後世まで残したいと強く思っています。そのため、21年間、毎年欠かすことなく、鹿児島市内の複数の幼稚園の園児たちに桜島大根の種まきと収穫体験の場を提供させていただいています。種まきから収穫までの間の、間引き、施肥、虫取り(手でするんですよ!)などは、私たちが行います。

4年くらい前から、鹿児島の大学生が定期的に畑に来てくれるようになりました。父の利清を師匠と呼び、父の指導の下、昨年(2020年)は自分たちで夏野菜のピーマン、ナス、キュウリをはじめ、いよいよ伝統作物の桜島大根などの栽培をも始めました。

畑をみんなが集える場所にすることも、私たちの夢です。




-