長野県塩尻市

永原英男

筑摩地農産

さつまいも 株付き野沢菜

私どもは長野県塩尻市にある北小野という地区で野菜の生産・出荷を行っている筑摩地農産です。代表は永原英男、ネット販売担当は二宮あきひろでやらせて頂いています。アイコンは代表の永原、その他画像に出てくるのが二宮です。
北小野は“たのめの里”という別名もあり、清少納言が詩に北小野をそう読んだらしく、歴史の深い場所です。歴史といえば豊臣秀吉によって小野が二つに分かれてしまったから北小野となったとか、、、話が外れてしまいました。北小野という地は自然が豊かであるのは画像からも想像していただけるかと思いますが、歴史的にも深い場所なのです。
今回出品する野菜以外にもピーマンやキャベツなどを育ててもいます。

そんな豊かな地で育てたさつまいもと株付き野沢菜が今回皆様に味わっていただきたい商品となります。
先ずはさつまいもです。実は、収穫したばかりのさつまいもは本当の甘さがありません。でんぷんを糖に変えるためキュアリングという方法を行うことによって甘ーいさつまいもになります。このキュアリングをした紅はるかを是非ご賞味ください!!!
次に株付きの野沢菜です。北小野は寒いところです。野沢菜が成る頃には霜が何度も降ります。霜が降りると野沢菜はどんどん美味しくなります。主に葉っぱの部分をみなさんは召し上がるかと思いますが、土の中の株も実は美味しいのです。カブと大根の間のような感字でしょうか。ぜひご賞味ください!!!