和歌山県紀の川市

木村竜二

木村農園

みかん、はっさく、しらぬい、せとか、はるみ、柿

◆お客さまへのごあいさつ
木村農園の木村竜二と申します。
4代続くみかん農家で、「一番美味しいものを作る」をモットーに栽培しております。

◆農家になった経緯
代々続く農家に生まれ育った私は、農家という職業にまったく興味がありませんでした。
それどころか嫌いの部類でした。なので、親元を離れて、大学に進学し、一般企業に就職しました。
勤めていた会社では農家の息子ということで珍しかったのか、実家のみかんの注文が興味本位でありました。
すると、食べた方々は、「こんな美味しいみかん食べた事がない!!」と言って頂きました。
小さい頃から触れていたみかんがこんなに価値があるのか、こんなに人を喜ばせることが出来るのかと感動し、
10年勤めていた会社を辞め、実家の農家を継ぐ事を決めました。

◆生産物・地域の紹介
和歌山県の紀の川市というフルーツ王国と呼ばれる地域で、当園では、主にみかんを栽培しております。
その紀の川市の中で、観音山と言われる山の南向きの急斜面、それに砂地というみかんには最高の立地条件で栽培しております。
天から降り注ぐ太陽、斜面の跳ね返りで照らされる太陽、そして、水はけがよく水分切れがいい土地を武器に
糖度が高く、コクがあるみかんを栽培しております。

◆伝えていきたいこと・信念
3代目の父親は「美味しいものを作る」をモットーに農業を50年以上続けております。
私はそこにプラスして「一番美味しいものを作る」をモットーに農業を続けていこうと思います。
つまり、和歌山一、日本一、世界一ということです。
果てしなく高い目標ではありますが、この目標を励みに農業を営んでおります。