京都府亀岡市

井上光毅

井上農園

ミニトマト、白ネギ、ほうれん草,レタス

井上農園の井上光毅です。奈良県出身、京都府亀岡市在住です。

京都で農業をしようと畑を探していた時に、木々が多く、小高い丘のようになっている場所に惹かれて現在の場所で農園を始めました。

まだまだ農業は始めたばかり。自然相手の農業は厳しくも楽しい仕事で毎日楽しみながら畑作業をしています。


【農業の楽しさにどっぷり】

もともと自然が好きだったこともあり、農業をしようという思いは学生時代から持っていました。

数年サラリーマンをした後、体験で訪れた農園で農業の楽しさにどっぷりつかってしまい、またその農園が有機農業をしていたことから、自分も有機農業を志すきっかけになりました。


【目指すのは"感動"】

農業体験で熊本、岐阜、福島など様々な農業を見て、また奈良の農業法人で就業した経験から農業のやり方は千差万別で、有機農業ということに絞っても非常に多様なやり方があると感じました。

その中で自分が目指すのは安全・安心、おいしさはもちろんのこと、食べて感動できることです。

食べ物というのは人の心を動かせるものだと思っています。自分も人を感動させることが出来るような野菜を作りたいと思っています。


【京都亀岡市の財産】

京都府亀岡市は昔から京野菜の生産が盛んなところで、とくに晩秋の朝霧は美味しい野菜を作ると評判です。

畑に大きな木が何本もあり、その落ち葉が何年も降り積もった畑は、最初に見学に行ったときにそのフカフカな土に驚いたほどです。

亀岡にはまだ来たばかりですが、賀茂ナスや九条ネギなどの京野菜のほか、レタス、キャベツ、ほうれん草などの葉物を作って行きたいと思っています。


【野菜は自然が作るもの、ということを忘れない】

農業を続けていく中で、規模の拡大は志しながらも、環境との共生も目指していきたいと思っています。

野菜は自然が作るもの、ということを忘れず、持続可能な農業を続けていきたいと思っています。

持続可能な農業をすべく、肥料は近くの養鶏場の鶏糞を使い、畑には桜、楓、銀杏などの木々を残してその落ち葉を畑の土づくりに活かそうと思っています。

有機JAS認証は得ていませんが、畑への肥料としては化学肥料は使わず、化学合成農薬を使用せずに栽培しています。