兵庫県南あわじ市

寺岡弘貴

寺千代水産

とらふぐ

◆お客様へのごあいさつ
寺千代水産の寺岡です。
屋号の寺千代は苗字の寺岡と先々代のおじいちゃんの名前からです。
私で三代目になり、ここ淡路島の海と魚に携わり100年が過ぎ、これからもみなさまに末永く愛されるよう頑張って行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

◆漁師になった経緯
小さいころからアルバイトで手伝っていましたが、卒業後、大阪や神戸でサラリーマンをしていました。その後、ご縁で知人の飲食店で働いていく中で、食材を通して生産者の心意気を感じ、私も自分が生産する食材で感銘を与えられるような、そんな生産者になりたいと思い家業の養殖を継ぐことにしました。

◆生産物・地域の紹介
兵庫県は淡路島の最南端の福良港。鳴門の渦潮の間近でとらふぐの養殖をしております。潮の流れや水温の上下など、苛酷な環境ではありますが、その分、自然の恩恵をたっぷりと受けて育つ、淡路島3年とらふぐを是非一度ご賞味下さい。

◆伝えていきたいこと・信念
私たちは、自然の恩恵と人々の知恵からなる水産物の養殖を通し、お客様、従業員、そして私どもと関わる全ての人々と、稔りある豊かで有意義な時間を共有できる、そんな存在でありたと思っています。
そして、生き物と携わるといことは、日々の積み重ねであり、声なき声を聞こうとする姿勢だと思っています。いかに自然の恩恵を受けるか、逆に自然の驚異をどれだけ抑えられるか、この仕事に就き、自然との共生というテーマを今も模索しながら、今日も海に出ます。

◆今後の展望・夢
地元淡路島をもっともっと活性化していき、活気あふれる場所にしていきたいです。

寺岡弘貴さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

もっとみる