和歌山県紀の川市

殿最弘茂

とのも農園

-八朔・みかん・レモン・キウイ・柿

▪️ご挨拶
「笑福万来」が座右の銘の和歌山県紀の川市の農家のおいやんです。
▪️農家になった経緯
もともとはサラリーマンをしたいましたが、29歳の時他界した父親の跡を継ぎ農業を始めました。
小さい頃から、農業をする両親の姿を見ており、農業に飛び込むのには時間はかかりませんでした。
しかし、収穫の手伝いはしたことはあっても、肝心な農業の知識は全くなく、母親や地域の方々、JA職員に指導していただき、支えられ現在に至っています。
▪️今後の目標
高齢化、後継者不足に伴う耕作放棄地を、少しでも減らせるよう、園地等を積極的に借り受け、管理のしやすい作物の栽培に取り組んでいきたいです。
▪️生産物・地域の紹介
私の住む紀の川市は、年間通じて色々な作物を栽培することができ、多くの農家は複合経営で農業を営んでいます。その中で私は、キウイフルーツ・柿・みかん・八朔・レモンの栽培を行っています。