和歌山県海南市

土井國照

おやしきファーム

温州みかん かんきつ類

●ごあいさつ
こんにちは。
和歌山県海南市下津町にて家族で農業を営んでいるおやしきファーム(の土井國照)です。
江戸時代から代々続く農家で、私で18代目です。
古生層土壌の恵まれた条件のもと、自然豊かな里山でヒヨドリやイノシシ対策をしながら、温州みかんを始め様々な柑橘類を中心に栽培しています。

●地域・生産現場の紹介
下津町は海南市の南部にあり、私の地区は淡路島を臨む海岸から1〜2kmの範囲にある土地です。
有田みかんで有名な有田地方は隣町で、私たちのいる下津町も同じように温暖な気候で雨が少なく、柑橘の栽培に適しています。
町内には、古事記・日本書紀にてみかん発祥の地とされる橘本神社や、紀州みかんを江戸に運んで富を築いた紀伊国屋文左衛門の船出の地の下津港があります。園地は紀州徳川家の菩提寺である、国宝・長保寺のすぐ近くにあります。
日当たりの良い段々畑に囲まれた土地は、春はあたり一帯がみかんの花のふくよかな香りに包まれ、俳人 山口誓子はその様子を【匂い壺】と表現しました。日中は花の蜜にあつまる虫達の羽音が唸りのように山に響いています。秋〜冬には黄金色に色づいたみかんの実が山を美しく彩ります。

●こだわり
一番おいしい状態で食べて戴けるように、可能な限り(樹上)完熟にして収穫・出荷しています。
畑で味を確認して、納得のいく状態になってから収穫してる為、雨が降った後は柑橘の味がぼやけるので収穫日をずらしたり、天候によって収穫が遅れることがあります。
主に有機肥料を使用し、土作りしています。