島根県隠岐郡海士町

波多 剛

海士の本氣米生産組合

海士町は、島根県から北およそ60kmの日本海に浮かぶ隠岐諸島にある一つの島。ここ海士町は昔ながらの半農半漁の暮らしが今でもつづく島です。
この海士町でも農家の高齢化、後継者不足のため、栽培意欲の低下や離農が大きな課題となっている中・・・・・・
2015年、”海士町でしか出来ない米”を栽培して、農家の所得に繋げ、次の世代に受け継がなくては!! そして、島の田園風景を守るぞ!!と島の水田の約半分を生産する農家が集まり、特別栽培米の栽培に着手。

海士町でしか出来ない米とは・・・・・・
海士町の豊かな自然(山と海)の恵みを生かした、海士町でしか出来ないもの。
それは、、、
”海士町の稲わらを食べ育った隠岐牛の堆肥と、いわがき“春香”の牡蠣殻を使った土づくりをベースにし、化学肥料や除草剤など農薬の使用量を半分に抑えた安心安全な米”
すなわち、海士の自然の総力=海士の本氣として、海士の本氣米の栽培を始めました。
まだまだ試行錯誤をしている段階ですが、海士町の豊かな自然の恵みを本氣で米に詰め込みました。