佐賀県唐津市

井手重夫

井手農園

イチゴ

農園名:井手農園
所在地:日本 九州 佐賀県 唐津市(辺りを見渡せば…山と田んぼと川)
生産者: 井手重夫 通称しげちゃん (苺栽培50年のマイスター)
趣味 :マラソン (70歳でフルマラソン完走!)
好きなもの: 孫娘 (いっちゃん)
楽しみ :気の合う仲間とのお酒(※酒にのまれ気味)
苦手なこと: 料理(家事全般)、休日をとること
特技:運動会の障害物競争

農園名:井手農園
所在地:日本 九州 佐賀県 唐津市(辺りを見渡せば…山と田んぼと川)
生産者: 井手重夫 通称しげちゃん (苺栽培50年のマイスター)
趣味 :マラソン (70歳でフルマラソン完走!)
好きなもの: 孫娘 (いっちゃん)
楽しみ :気の合う仲間とのお酒(※酒にのまれ気味)
苦手なこと: 料理(家事全般)、休日をとること
特技:運動会の障害物競争

しげちゃん二十歳で就農。ミカン農家を継ぐため専門学校で果樹の勉強をし、みかん畑には機械設備を整え準備万端!しかし就農してしばらくすると大雨でミカン山が崩れてしまいました。しげちゃんは絶望の淵に立たされました。そこに一本の光が!当時はまだ珍しかった苺の栽培を広めようとする先生と出逢います。露地栽培から始まり、技術の発達と共にハウス栽培に切り替え、数々の品種のイチゴを栽培しました。赤字経営が続き奥さんを泣かせたこともありました。それでもしげちゃんは苺作りの情熱を消すことはありませんでした。減化学農薬に取り組み、有機肥料を使った土作りに励みました。こだわればこだわるほどコストは増えるのに、苺の値段(価値)は上がりません。しげちゃんはそれまでお世話になっていた組織を脱退。人生の賭けに出ます!長年の経験を生かし新しい品種作りに没頭しました。しげちゃんが作ったのは慣れ親しんだ赤い苺ではなく、白い苺でした。まだまだ白い苺が世の中に浸透していない頃でしたから、奥さんは「白い苺なんて、美味しくなさそうやけん、売れんばい」と言いました。そんなこと言われても気にしないしげちゃんでしたから、農水省の品種登録に出願。無事に念願の品種登録となりました。シゲちゃんが作った白い苺の品種は2品種。
「雪うさぎ」と「天使の実」。大玉で中まで真っ白な白い苺は、高級百貨店、香港の高級スーパーに並びます。これだけ聞くと儲かっているように思われるでしょうが…規格外となる量は赤いイチゴの三倍!!苺の花が咲いてからは化学農薬ゼロでの栽培にこだわるため害虫や病気にやられることもしばしば。「そいでよか。孫がハウスで美味しそうに苺ば頬張るところを見られれば」そんなことをつぶやきながら、しげちゃんは今日も苺作ってます。

井手重夫さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください