佐賀県嬉野市

秋月健次

嬉野南部釜炒茶業組合

釜炒り茶

□ あいさつ
佐賀県嬉野町の山間地に点在する茶畑で釜炒り茶を作っている4件の茶農家グループです。代々続く茶農家で、釜炒り茶一筋作っています。

□ 作り手より
山に囲まれた地形の嬉野にて、
山間の涼しい気候とほどよい日の光を活かし、
自然と日々向き合って私たちがじっくり育てた新芽のお茶です。
新芽の旨味と火の香り(釜香)の調和に心を砕いて作っています。

□ 釜炒り茶の特徴
・中国茶のような芳ばしい香りと、すっきりした後味で食事に合う緑茶です。和食だけでなく中華、アジア料理などいろいろな料理に合います。水色は澄んだ黄金色です。
・通常の緑茶のようにお湯を冷ます必要がなく、熱いお湯(80~90度)で簡単に美味しく淹れることができます。
・500年以上前、日本で初めて嬉野に伝わった伝統のあるお茶です。現在では日本のお茶生産のうち1%に満たないほどしか作られない希少なお茶です。

□ おすすめの飲み方
芳ばしい香りとすっきりした後味を活かし、お食事と共に楽しんだり、和菓子はもちろんクッキーやケーキなど焼き菓子に合わせるのもおすすめです。
・ティーバッグ・・・湯呑みやカップに80~90度のお湯を淹れ、60秒ほど待ってお飲みください。
・リーフ・・・沸騰したお湯を一度湯呑みに入れ、急須に戻し茶葉を60秒ほど蒸らしていただきます。どちらも2煎目、3煎目も美味しくいただけます。

秋月健次さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください