山形県鶴岡市

小野寺紀允

小野寺農園、農家レストラン菜ぁ

米、だだちゃ豆

【帰ってきた小野寺ブラザーズ】

ふるさとの食べ物がおいしくてUターンしてきた、山形県鶴岡市、小野寺農園の小野寺ブラザーズの兄・紀允です。

前職は重工業で化学の研究員。その知見を活かし、有機農業を化学的や発酵学的に捉え、シンプルに美味しいものを目指しています。


【母親から兄へ、父親から弟へ】

母親から兄・紀允は農家レストラン「菜ぁ」・農家民宿「母家」を受け継ぎ、
父親から弟・貴紀は畑を受け継いでいます。

海の幸、山の幸、里の幸に恵まれた食の都、庄内で、在来作物のだだちゃ豆をはじめ、お米や野菜全般を作っています。


【小野寺農園のキーワード…自家製ボカシ・無農薬・無化学肥料】

小野寺農園では、食の安全安心を考えた農業を目指して30年前から無農薬・無化学肥料での「循環型農業」を継続しています。自家製ボカシ肥料により長く土づくりにこだわった土地で、二代目としてお米や野菜の栽培に営んでいます。

収穫した作物の堆肥を混ぜて作ります。
冬場にほわほわと湯気が立ち上がるほど発酵させて、春先に畑に混ぜ込み土作りをしています。
微生物や菌の多い肥沃な土になり、それぞれの農作物の味を向上させ、おいしく育ちます。


【うまいもんをもっとうまくして子や孫に伝える】

庄内には「うまいもんをもっとうまくして子や孫に伝えるために種を育てる」という地域性があります。

だだちゃ豆もそうやって大事に育てられてきた在来作物の一つ。
小野寺農園では、だだちゃ豆を土作りからこだわり、有機栽培で育てています。そこには食べ物を作る以上の価値楽しさがあります。

農業や漁業漁業、すべての仕事において「誰かに喜んで、楽しんでもらう。そして自分も喜び、楽しむ」ことが大事だと思います。 そして、生産者と消費者も、お互いにそれより追求したときに、最高の幸せとなるはずです。

#東北食べる通信

小野寺紀允さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください