山梨県甲府市

有賀不二男

アルガベリーファーム

ブドウ、ブルーベリー、ラズベリー、レーズン、ジャム、ジュース

50年続くアルガベリーファームです。(ポケマル担当は娘の池田容子です。)山梨県甲府市で祖父・父が開墾して始めたぶどう園で、現在は父母とともに私たち夫婦の4人の家族で経営する小規模な農園です。シャインマスカットやクイーンニーナなどぶどう40品種の他、ブルーベリー、ラズベリーの栽培や自家製干しぶどう・ジャムの生産を行っています。

【山梨県の自然の恵み】
ぶどうの生産量が日本一の山梨県。日照量の豊富さに加え、私たちの農園ではミネラル豊富な温泉水を地下から汲み上げ、たっぷりと散布しております。こうした自然の恵みがぶどうや他の果実の美味しさの源となっています。

【手間を惜しまない仕事】
ぶどうそのものが広告や宣伝になるとの先代の教え通り、私たちが一番大切にしていることはぶどう栽培に対する手間を惜しまないことです。お客様に「美味しい」を届けるため、草生栽培の導入、有機質肥料による土づくり等ぶどう栽培に力を入れています。また完熟したぶどうのみを収穫することを徹底し、その日の朝採れた新鮮なぶどうを発送しています。

【農産物は工業製品ではない】
実際に農業に従事してみてはじめて、果実を収穫するまでに膨大な手間や時間がかかることに気づかされました。また天候の影響をこれほど大きく受けるのかと、実体験として強く感じています。
そしてこれらの経験から、農産物は工業製品ではないとの思いが強くなりました。露地栽培の場合、毎年同じ天候であることはなく、工業製品のように毎年全く同じものを作ることができるわけではありません。毎年同じ味のように思えるかもしれませんが、実際は味が異なっています。こうした変化をマイナスに捉えるのではなく、農産物を通して自然を感じていただければ幸いです。
大規模農園のように規格化されていないかもしれませんが、コスト効率を超えて手間を惜しまない小規模農家だから提供できる価値があると考えています。