茨城県結城市

森田恭平

森田園芸

とまと なす

『あっぱれとまと』は、コクがあって、酸味と甘みのバランスがとれた、ミネラルいっぱいの果実です。
 献身的な人の心と目、豊かな土壌、さまざまな微生物の働きによって、あっぱれな品質のトマト栽培が実現できていると、自負しています。
 自然科学に基づいた農業を、貫こうとすればするほど、微生物や菌を含めた、あらゆる生物たちの共存共栄を意識せざるを得ないことに気が付かされます。

トマトも農業も、自然と人の愛でカタチ作られていると、僕は思います。