熊本県菊池市

原田美紀

Nezumi no Donguri 原田山業

生しいたけ、ひのひかり、オイル漬け、ピクルス、梅干し、蜂蜜

◆こんにちは、”Nezumi no Donguri” です
春、小鳥のさえずりが響き渡る森ではたくさんの山菜が芽吹きます。
夏の始めには梅・じゃがいも、秋の新米・蜂蜜、冬の根菜・椎茸など、森のめぐみと菊池の畑の旬をお届けします!!
森の野ネズミのように自然からの恵みをいただき、森と共に暮らすことを信条に自然に負荷をかけず森からの恩恵を受ける生活を続けています。

◆農業をはじめた経緯
関西で働いていた時から山や自然が好きで、休日にはオフロードバイクにのってツーリングをしていました。
結婚後、林業を目指す夫と共に山で暮らすことを決めました。
森と食に関わる仕事をしていましたが、地元の自然栽培農家の大先輩からやってみないかと声を掛けて頂き、挑戦することにしました。

◆生産物・地域の紹介
『日本名水百選』に選ばれている菊池渓谷。菊池川の源をなす菊池渓谷は、うっそうとした原生林に覆われ、その間をぬって流れる清流は、大小さまざまな瀬と渕と滝をつくります。その変化に富む渓流と、美しい森林とがおりなす姿は絶景です。
菊池渓谷のほど近くで原木しいたけと無農薬・無化学肥料の野菜と米作り、ニホンミツバチを飼育しています。また、周囲に民家のない環境では様々な天然の山菜が採れます。
無農薬・無化学肥料で育てられた米や野菜は収量は少ないもの生命力にあふれ味の濃く、最も自然に近い環境で育つ原木しいたけ栽培は、味や食感も天然に近く、うまみが強いのが特徴です。
貴重なニホンミツバチの蜂蜜は天然の花々の香りがするよう非加熱で丁寧に瓶詰しています。

◆野ねずみのように、森と自然にやさしい暮らしをめざしています。
森に住む野ねずみは冬の食料確保のために秋に落ちたどんぐりを土に埋めたくわえる習性があります。そのうち4割は、そのままそこで発芽し森に育ちます。

私たちは森の中で暮らしています。クーラーはありません。冬は氷点下10度になることもあります。暖房は薪ストーブです。
山から水で生活用水をまかなっています。家はセルフビルド。
私たちも野ねずみのように、無理をせず、ただ当たり前に生活することで森林と自然に役立つ暮らしになればいいと考えています。

原田美紀さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください