香川県丸亀市

唐﨑翔太

島旅農園「ほとり」

幻の唐辛子「香川本鷹」、カブ

丸亀市の離島「さぬき広島」で2020年より農業を始めました。
現在、島の人口は150人程度。現在25歳で最年少です。

小さな島ではありますが、島に古来から伝わる作物があります。
幻の唐辛子「香川本鷹」です。

豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に拝領したとされる唐辛子は、古くから「さぬき広島」を含む塩飽諸島で栽培されてきました。
しかし、現在は少子高齢化の波に押され、島で唐辛子を本格的に栽培しようとしているのは私だけになってしまいました。

とはいえ、この唐辛子の独特の爽快感や涼しげな辛味は一度皆様にも味わってほしい。

またこの消えかけの唐辛子を復活させるのは、どこか自分自身を投影しているようでもあります。私は島に移住する前、上司から「死ね」「殺す」といったパワハラが原因で心を病んでしまっていました。

つまり、私自身も消えかけてしまったような人間です。

だからこそ、この消えかけの唐辛子を栽培し、その芽吹きを感じるのはどこか「自分も何とか頑張らないと」と思える瞬間でもあります。

現在は、島の御年85歳のおじいちゃんから無農薬有機栽培を教えてもらっています。

雑草肥料、山の腐葉土、井戸水

などを利用しながら島ならではの農法を再現しようとチャレンジしています。

島の歴史、また私の思いのたくさん詰まった幻の唐辛子「香川本鷹」、ぜひご賞味ください!!

<簡単なプロフィール>
名前:唐﨑翔太
出身:大阪府
経歴:
和歌山大学観光学部地域再生学科
北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院観光創造専攻(観光学修士)
1年の業務用家具メーカーでの勤務を経て、島生活に至る

将来的には、旅×農を目指して、農家民宿を開業したいと考えています。まずはお家で「香川本鷹」や島野菜を食べていただいて、いずれは島で獲れたてを味わってもらえればと思っています!

唐﨑翔太さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

もっとみる