岐阜県揖斐郡揖斐川町

粟野彰太

エノコロ自然農園

人参、ジャガイモ

◆岐阜県揖斐川町でエノコロ自然農園を営んでいる粟野と申します
息子と一緒に畑に行き、畑の上で子育てをしながら楽しく農業をしています。
「エノコロ」とは名字の「粟」の先祖であるエノコログサ(ネコジャラシ)に由来しています。奥さんと屋号を悩んだ末に「猫好きだし、エコロジーっぽいし、これにしよう!」と決めました。

◆自然栽培に取り組むようになった経緯
子供のころからアトピーがひどく食べ物に気を付けたり、健康についての仕事をしたいとずっと考えていました。
初めは伝統的な木組みと竹小舞土壁の自然素材の家の設計、その後自然食品店で勤務をしておりましたが、長時間のパソコン作業や都会での暮らしの中、軽度の化学物質・電磁波過敏の症状も出てきたため食・住・生活そのものを見直して生きていこうと無肥料・無農薬・自然栽培で農業を始めました。それまでに市販や家庭菜園で慣行、有機、自然栽培の野菜を色々食べて間違いなく自然栽培のものが美味しく、自分の体を通してまっとうな食べ物だということを感じていたので自然栽培に取り組んでいます。
その生活の中で自分自身も健康に近付き、産まれた息子も天真爛漫でとっても元気に育っているのがうれしいです。

◆生産物・地域の紹介
岐阜県揖斐川町は濃尾平野の端で山から揖斐川が流れ始める地域です。もともと水田の圃場を転換して畑として耕作していますが、圃場が川のそばのため作土が少なく比較的水はけはよい痩せた土質です。
そのため上手く育つ品目を選んだり、量は多くできませんが味は中々美味しい作物が育っていると思います。(色々な自然栽培・有機の作物を食べ比べた感想)
季節の野菜セットを販売しているので年間40程度の品目をほぼ固定種で出来るものは自家採種(1/3程度)して栽培しています。(ビニールマルチは使用しています)冬の人参は抜群に甘く、人参らしい香りがとてもおススメです。
2018年から自然栽培で果樹も始めましたので出来次第出荷していきます。

◆農や食にかける想い
自分が食・住などを通して体への影響を経験してきたため、現実的に可能な限りまっとうな食べ物を皆さんにお届けしたいという考えで取り組んでいます。
特に子供や病気の方々にたくさん食べていただきたいという願いもあります。
現在幼稚園でお母さんと子供向けに畑講座の講師をしていますが、子供が農や食に触れる体験を増やしていきたいと考えています。

粟野彰太さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください