栃木県矢板市

君嶋治樹

君嶋きのこ園

原木椎茸

◆お客さまへのごあいさつ
おいしい、と家族がつぶやく。食卓に笑顔がうまれる。
栃木県矢板市の君嶋きのこ園の君嶋治樹です。
あなたの大切な人を喜ばせたい、笑顔の食卓に貢献したい、そんな想いで日々の椎茸作りをしています。
収量が安定せず、重労働な原木栽培は年々減少の一途を辿っていますが、原木しいたけだけでしかお届けできない価値をお届け出来れば幸いです。

◆農家になった経緯
正直、面白い経緯はありません!
ですが、モノの作り手となるからには、ヒトから求められるものを作りたい想いがあります。仕事に自信が持てますし、何より食いっぱぐれないませんからね(笑)
家業の原木しいたけには、小さな頃から見てきた中でそういった可能性を感じさせてくれていたのが大きい要因だと思います。

◆こんなところでしいたけを育てています
当園は栃木県北部の雄大な高原山の麓にあります。近隣の木々にはカブトムシが集い、川には蛍が飛び交う、豊かな森と水に恵まれたのどかな自然が自慢です。
四季と寄り添いながら、昔ながらを貫きながら。
原木自体の養分と豊富な水資源を活かすことで、おいしい原木しいたけが育ちます。
効率の良い早生の品種は使わずに、1~2年かけてしっかりと菌糸を生長させる。そうして時間と手間をかけた原木からは、硬い樹皮を突き破って木の養分を十分に蓄えた風味高いしいたけが出てきます。

◆原木栽培への想い
3.11は大きな大きな転換点となりました。
収穫・破棄した時期を乗り越え、第1号として出荷を再開しました。
あえて触れさせていただくのは、
安全対策に自信があることの他に、生産を辞めていった方や日々尽力くださる方々の想いに報いるため。
1人でも多くにお届けしたい!
高級品をつくるつもりはありません。効率化だけを求めて、規模を増やすつもりもありません。
自然の中で育ったものを真っ当な価値で評価していただくことで、将来への持続可能な農業を後押ししていただきたいと思います。