埼玉県加須市

青鹿政幸

ファーム おおとね

[土木設計→農家への転職]
埼玉県加須市大利根地区は利根川沿いの水田地帯となっています。
長年勤めた会社を辞め、10年前より先祖からの「米作農家」を後継しました。
人と関わる暮らしから、自然と向き合い、地に足をつける暮らしが始まったのです。

[お米に適した豊かな利根川]
●土壌
利根川は昔、大洪水により氾濫し大量の砂が流れ込んだ結果、米作りに適した土壌になりました。

●水
又、水量豊富な利根川の水にも恩恵を受けて、美味しいお米が採れています。昔からのファンも多く、県外から買い付けに来る方も多くいらっしゃいます。

[おおとねファームのお米]
●安心・安全のコシヒカリ
甘みと粘りがあり、美味しさを引き立てます。
●安心・安全なお米です。
1日の雑草刈りに6時間かかったりと、手間暇はかかりますが、農薬を出来るだけ減らし、有機肥料の種類だけではなく、蒔き方も研究を続けています。

[母から子へ安全な食を]
多様化してきている食文化。
それでもやっぱりお米の良さは、ずっと受け継いでいきたいと思います。
母から子へ受け継がれていく「家族の食卓」に、母の手で握られたおにぎり。
そんな温かな風景は、これから先も変わらず続いて欲しいと願うと同時に、「農業」をいろんな方と交流しながら、楽しんでいきたいと思っています。
孫も4人、80歳になる義母(農家生活50年の大ベテラン)という大先輩の教えを胸に、家族で賑やかに営んでいます。

「(命を)いただきます。」
今日もツヤツヤに光る米粒一粒一粒に、「命」が宿っています。
そんな命の営みに感謝して1日が始まります。皆さんの元へ、「安心な食」をお届けできますように。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。