長野県安曇野市

三浦 学

丸山鯉屋

信州サーモン 信州大王イワナ イワナ マス 鯉 信濃ユキマス

明治11年創業の老舗養魚場丸山鯉屋です。名水の郷信州安曇野の北アルプスの天然の地下水を汲み上げ、夏でも冷たいその名水で育てた魚たち。
きれいな水で育ったとても美味しい信州サーモン、信州大王イワナ、鯉、イワナ、ニジマス、信濃ユキマスをご自宅で食べながら信州安曇野に来たつもりで楽しんでもらえたらとおもいます。加工、販売も行なっているため、お客様のご要望にお応えさせていただきます。(捌いて骨抜き身の状態、皮は付けて、丸で等々)

信州サーモンとは?
ニジマスとブラウントラウトを交配させて開発したご当地サーモンです。
身は赤身で肉質が細かく弾力があり癖のない味なのでお刺身、お寿司がオススメです。また2~3日冷蔵庫でおいてから食べるとアミノ酸が出て旨味が増し、身がトロトロになります。
出荷は2㎏くらいからになります。

信州大王イワナとは?
大型のイワナは大きくなると卵に栄養が取られるため品質が低下してしまいます。そこで開発されたのが信州大王イワナです。
この魚は信州サーモン同様に卵を持たないので一年中、身が美味しいのです。身の色は透き通る白身でイワナ特有の身の締まりと旨味があり脂の乗りがほどよい感じです。刺身や寿司が最高です。
出荷は1㎏~1.5kgくらいからになります。

信濃ユキマスとは?
ヨーロッパでよく食べられていた魚です。旧チェコスロバキアから卵が導入され10年かけて長野県水産試験場が養殖に成功しました。この魚の雪を連想させる銀白色の姿ならびに長野県の特産魚にふさわしい愛称として「信濃ユキマス」、「シナノユキマス」と名付けられました。
身は透き通る白色で淡泊ですが、とても奥深い味に驚かれると思います。
出荷は1㎏くらいからになります。

先代達が繋いできたタスキを今は僕が巻いています。
安心して皆様に美味しい魚を食べてもらえるようにをモットーにやっています。
当社としても初めての取り組みで緊張ですが、面識ない方が僕の作った魚を食べている姿を創造するとワクワクが凄いです。
近い将来そうなることを願っています。
よろしくお願いいたします。

三浦 学さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください