徳島県吉野川市

中 啓司

中農園

不知火(デコポン)

自己紹介
中農園の中啓司です。徳島県吉野川市川島町で不知火(デコポン)を栽培しています。
平成15年から平成17年にかけて自宅隣接の畑に1000本の不知火を植樹し平成20年より出荷を開始しました。平成23年末から先代より引き継ぎ、日々生産に
勤んでいます。
生産に対する思い
中農園では以下のこだわりをもって不知火(デコポン)を生産しています。
こだわり①出荷時期判定のため糖度・酸度の徹底した管理 生産当初よりお客様の期待を裏切らないようフルーツセレクターを利用して糖度と酸度の計測を行なってきました。最高の状態でお客様に届くように細心の注意を払っています。
こだわり② 農薬・除草剤の使用軽減
中農園では果樹の健全な育成を促すために農薬の使用は必要最低限にとどめています。また除草剤は一切使用せず草生栽培をしています。農薬使用管理履歴の管理も徹底しており、時系列的に記録し開示できる体制を整えています。例年収穫前には、残留農薬検査・放射性物質検査を実施しておりこれに合格しています。
このようなこだわりを持って生産してきたことで、平成25年には、地元吉野川市の「吉野川市ブランド」に、平成27年には徳島県の「とくしま安2GAP農産物」に認定され産直市やスーパーだけでなく、ふるさと納税の記念品として多くの方々に味わっていただいております。
※「とくしま安2GAPとは食品安全、環境保全、労働安全に配慮した生産者を認定する制度です。
消費者の方々へ
地元徳島だけでなく、全国のお客様に「美味しい」と思っていただけるように、心を込めて栽培しております。自然豊かな吉野川市で育った不知火を是非、食べてみてください!

中 啓司さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください