北海道勇払郡むかわ町

中澤和晴

四代目中澤農園

だるまいも、トマトジュース、とうがらし

◆四代目中澤農園の中澤和晴です
北海道むかわ町穂別(旧穂別町)にて、農家の男の子ばっかりの三男坊として生まれました。
中澤農園の始まりは、曾祖父母がここ北海道穂別の野山を開拓し田畑を開墾したのは明治時代と聞いています。その後、祖父母が米作りに励み天皇陛下に献上米を奉納でき、、父と母が「人を健康にする農産物」を掲げ直接お客様に野菜をお届けすることができました。そして平成30年のはじまり、四代目中澤農園 中澤和晴が農園を次代として継承しました。

◆3兄弟の末っ子が農業に目覚めるまで
男ばかりの3兄弟の末っ子として育ちました。兄2人は農業の道には進まず、農業とは関係のない職業に就き、当時高校生だった私は、夢や目標がわからないでいました。ただただ、農業を継がないと、父が可哀想だし、せっかくの農場がもったいなという思いにかられ後継になる決意をしました。その後ニュージーランドへ1年間かけて農家を渡り歩く中で農業の楽しさや自由さ、ライフスタイルとしてのカッコ良さを感じ、農家として生きる希望を新たにしました。

◆生産物・地域の紹介
ここ、むかわ町穂別は、日高山脈の麓にあります。日高山脈の隆起によって大昔は海底だったためアンモナイトなど多く化石が産出します。近年では、日本最大の全身骨格の恐竜化石も発見されました。四代目中澤農園の畑は山々に囲まれ、寒暖差の大きな気候のため、メロンやスイカ、とうもろこしの糖度が高い作物が育ちます。
四代目中澤農園ではグリーンアスパラ、メロン、スイカ、とうもろこし、カボチャ、中玉トマト、だるまいも(長芋)を生産しています。

◆「あなたの農家になる」
先代から頂いたこの恵みが多く実る田畑を、あなたと一緒に共有したい。
穂別の自然と共に、あなたの田舎、あなたの農家になることをいつもいつでも願っています。

◆今後の夢
誰もが遊びに来れる田舎でありたい。自然が好き、食べることが好き、動物が好き、昔ながらの知恵に触れるのが好き、そんな方々の集まれるコミュニティを開くことが夢です。自然と農業を体験するなかで「生きる」をお伝えする。それが夢です。

◆被災した農家を支え合うために
北海道胆振東部地震で大きく被災した、まさに胆振東部の100名ほどが所属する農業後継者グループの代表を務めています。
被災した皆が、前を向きこれからも農業を行なっていくための支援活動を行なっています。彼らがまた前を向き農業に励むことで、私たちの食卓の豊かさが保たれると考えています。これからも、被災した農家の精神的、物質的な支援を行なっていきます。

中澤和晴さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください