和歌山県紀の川市

高平昌英

株式会社八旗農園

桃とろり


◆八旗(はっき)農園の高平です
平成21年に桃の共同販売を目的に直売所の共同経営をはじめました。平成26年に桃の加工品製造のため加工場を開設したことをきっかけに、法人化いたしました。同年に総合化事業化計画の認定を受け、桃の生産・加工・販売を中心に取り組んでいます。

◆自由さに惹かれて脱サラし就農
37歳のとき、太陽のもと自然の中で時間に縛られることなく仕事ができる、その自由さに惹かれ脱サラし就農しました。その決断に対し、家族の反対がないといえば嘘になりますし、慣れない体力仕事は最初から楽なものではありませんでしたが、1年・2年と年を重ねるごとに仕事に慣れ、今ではあの時の決断は間違っていなかったと思っています。

◆江戸時代から続く桃の産地です
ここ和歌山県にある紀の川市桃山町(旧安楽川村)は、江戸時代より桃を栽培している伝統があり、この地で栽培された桃は「あら川の桃」と呼ばれ、市場では高値で取引されます。和歌山県は西日本では1位の桃の生産量を誇り、みかん・梅・柿は勿論のこと、キウイ、いちじく、ブドウ、イチゴなど様々な果物を生産しているフルーツ大国です。

◆「あら川の桃」の特徴
私たちが手掛ける「あら川の桃」は、実がやわらかく、食べると果汁が溢れだします。甘さと香りのバランスが良いのが特徴です。その桃を畑の中にある加工場で、できる限り速やかに搾汁またはカット加工し、素材の味をそのままに閉じ込めています。私たちの手掛ける加工品を是非一度ご賞味ください。

◆地域に信頼される存在に
私たちは、この地域の果樹栽培の担い手として、地域をリードし、様々な手法によって地域に還元することを念頭に活動していきます。そのことを通して、地域に信頼される存在になりたいと願っています。