長野県茅野市

両角 源秀

蓼科高原 柏原農園

トマト、季節の野菜

◆あいさつ
柏原農園の両角 源秀(もろずみ もとひで)です。
八ヶ岳の北側 蓼科高原の麓の村で農業をしております。柏原農園の由来は、自分の村が 柏原と 言う村の名前で 父の代からの屋号です。
両親と嫁さんで営む小さな農園です。

◆農家になったきっかけ
両親が農業を営み、最初は生食用トマト、切り花、かいわれ大根の栽培と時代の変化と伴に試行錯誤の農業で苦労してきました。
そんな両親の後ろ姿を見ながら農業高校、農業大学校、一年間のニュージーランド研修で、自分なりの農業のスタイルを追い求め現在に至ります。
雪が溶け、春には山菜や摘み草、夏は高原野菜、秋には秋野菜や沢山の山の恵み。毎日が目まぐるしく変化し、自然の中で生かされてる。そんな事を感じながら毎日過ごしております。

◆生産物にかける思い
先ず最初に 私の主体は、堆肥製造、販売。
他の農家さんと違うのは、自ら堆肥を作り販売しながら 野菜作りに活かしていること。
長野県の特産品とも言えるお蕎麦。その製粉過程から出されるそば殻で堆肥を作って、地域の農家の皆さんに提供して25年間やっております。
この地に合った微生物達が蒸気を沸き立たせながら 発酵 熟成した堆肥は、畑の活力源。地域の農業を元気にしながら自分も微生物から元気を貰い頑張っております。
そんな堆肥で作った野菜を皆さんに食べて貰いたい。

疲れた今の現代の人達の体(からだ)に染み込む。そして細胞が美味しいと感じる野菜作りを心がけております。
それには、時間をかけた堆肥作りと蓼科高原の冷涼な空気と清流。決して人の手を掛けすぎない野菜作りは、野菜本来の強さを引き出す決め手。
そんな蓼科高原の野菜を是非お召し上がり下さい。
化学肥料は極力控え、栽培期間中は、農薬は使用しない独自の栽培方法を確立中です。

◆目標、夢
現在 地元直売所や国道沿いで無人直売をしており、多くの地元や観光のお客さんがお立ち寄り下さいます。
このポケマルを通じ、より多くのお客様に私の野菜を知って頂けたら幸いです。
小さい農園ですが、自然養鶏を取り入れた地域の循環型農業を目指して安心な農産物を生産して行きたいです。

参考
長野県 農業士 会友
エコファーマー 認定番号 諏訪‐1058
全国自然卵ネットワーク会員
長野県特殊肥料 第233号
そば殻発酵たい肥
肥料販売業

両角 源秀さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください