山口県下関市

周防孝男

第三周孝丸

サザエ

【自己紹介】
響灘に浮かぶ本州最西端の島、蓋井島の漁師です。
人口100人弱の小さな島ですが、若者のUターンが多く、子供の笑い声とおばあちゃんの笑顔につつまれるあたたかい島です。
17歳から漁師をしており、
島では定置網漁、一本釣り、建て網漁、夏になると素潜り漁を行います。
【蓋井島のサザエ】
蓋井島のサザエは響灘の大自然の中で育った身のうまさが自慢!
おすすめの食べ方は、やはり刺身!
そして今からのシーズンのBBQには最適です(^ ^)
【これから】
子供も増えて、活気がでてきた蓋井島。
しかし、人口の減少や流出は課題でもあります。
蓋井島はほとんどの男性が漁師をしています。
楽な仕事ではないですが、自然相手、大好きな海を相手にしたこの仕事をしていることにはやりがいを感じています。
漁師という仕事の魅力、そして大好きな蓋井島の魅力を、みなさんに伝えていければと思っています。

そしてとれたての島のサザエをぜひ、色んな地域の方にご賞味いただき、蓋井島行ってみたい!と思ってもらいたいです!