長野県飯山市

金井隆司

サイクルファーム

米(コシヒカリ)

◆サイクルファームの金井隆司(かないたかし)です
長野県飯山市出身、現在も生家で生活しています。農園名の由来は、私の趣味が自転車(ロードバイク)なので、妻が「何か自転車にちなんだ名前にしたら」と言ったことから考えました。自転車操業だからというわけではないです(笑)。天気のいい日は早起きして、自転車に乗って一日が始まります。

◆農家になった経緯
両親が専業農家で子供のころから農作業の手伝いはしていましたが、大学卒業後は就職したため田植えや稲刈り等の農繁期に手伝う程度でした。親が年をとってからは、規模を縮小し、兼業で稲作をしてきました。2018年3月に、私が定年退職したのを機に専業農家となりました。

◆雪の恵を受けた、美味しい米です
飯山市は長野県の北部で新潟県境にあります。冬は豪雪地帯として知られており、2m近い積雪があります。そうした雪の恵から、北志賀高原を源流とする樽川水系の水で育った米はとても美味しいです。JAでは、当地でとれたコシヒカリを「幻の米」として販売しています。飯山市のふるさと納税の返礼品としても人気が高いです。 粘り気があり、甘く、冷めてもおいしいおかずのいらない米です。

◆今後の展望
今まで、貸していた田んぼを自分で耕作するようにして、少しずつ規模を拡大していきたいと考えています。また、何も作っていない畑もありますので、今年、試しに作ってうまくできたオクラや枝豆などを生産・販売できたらと思っています。安心・安全な農産物を農家から直接、お届けし、味わっていただきたいと思います。