長野県下高井郡山ノ内町

佐伯幸彦

-佐伯農園

リンゴ

◆佐伯農園の佐伯幸彦です
富山県生まれです。高校を卒業してからは、冬季休みがとれる造園業や林業の仕事をして冬はひたすらスノーボードをしていました。30才手前になり、将来どんな生活をしていきたいかを本気で考えるようになり、農業を目指すようになりました。農業の中でもなぜか果樹にとてもひかれました。意識はしていませんでしたが、自分には木に関わる仕事がとても心地よいのかもしれないです。

美味しいりんごを作る上で、標高、寒暖差、晴天率、日差しの向き、畑の地力などの環境は絶対に外せない条件だと思います。新規就農ということで、すべての条件を満たした地域や畑を選ぶことができました。また、りんごは同じ品種では交配できないので人工受粉をするのですが、私の畑は多品種が混在している地域なので受粉はすべてマメコバチ(ツツハナバチ)に任せています。その他は、土の中の微生物を大切にするために除草剤をまかないなどに気をつけていれば、美味しいりんごは自然にできてくれます。

ぜひ、長野県山ノ内町産のりんごを食べてみてください。