石川県金沢市

多田礼奈

きよし農園

ヘタ紫なす、金沢ゆず

こんにちは。石川県金沢市で農園を営んでおります。農園の「きよし」は、亡き祖父の名前です。香り高い“金沢ゆず”と、加賀野菜“ヘタ紫なす”を育て、「この地をゆずの名産地にしたい」「伝統野菜ヘタ紫なすを守りたい」と言っていたじいちゃん。その想いと共に、23歳のとき農園を引き継ぎました。
きれいな水と豊かな土に恵まれ、たくさんの生き物と共生する畑は、じいちゃんが残してくれた宝物です。「きよし」の名に恥じないよう、金沢の里山からおいしいものをお届けします。

野菜づくりの基本は土づくりから。
土の状態を調べ、足りないものを補いバランスを整え、ヘタ紫なすや柚子が元気に根をはれるような土づくりをしています。
化成肥料は使用せず、天然素材で作られた肥料を使用しています。
そして出来上がったヘタ紫なす、金沢ゆずの葉や実の細胞を顕微鏡で見てもらいます。
元気なヘタ紫はす、金沢ゆずの細胞はきれいな六角形の形をしており、水分をきちんと保持することができ、日持ちもよく、味や香りがしっかりしています。