長野県長野市

相原健作

大地の卵

鶏卵

◆大地の卵の相原です
信州松代の歴史のある自然豊かな大地で飼育している平飼いの鶏です。

◆「こんな美味しい卵があるとは!」驚きから事業を継ぐことに
これまで経営されていた方が体調をくずしてしまい、事業の継続が困難となりました。一時は廃業も考えましたが、どうしても”大地の卵”以外の卵は食べられないと言うファンのお客様が多く、廃業するわけにはいかない!そのお話を、偶然耳にしました。とりあえず、卵を試食したら、「こんな美味しい卵があるとは!」、との驚きでした。美味しさのヒミツを聞きたく、鶏舎へ伺いました。なんと、すべて手作りの飼料でした。お米をメイン、お蕎麦などの鮮度のよい余剰食品、おから、米ぬか、他にも驚きの材料を多数使っていました。「全て人間が食べられるものだよ。」その場で、ムシャムシャ・・・。やろうと決意した瞬間でした。2017年12月より、妹も巻き込んで始めました。

◆飼料はお米をメインにこだわりの自家配合。平飼いの希少な有精卵です
飼料に遺伝子組み換え食品や抗生物質、ホルモン剤等を一切使用せず、お米をメインに、鮮度の良い余剰食品、米ぬか・おから等の栄養たっぷりの飼料、魚粉を使用しないので臭みがなく、さらに独自の配分によりサッパリしているの後味にうまみやコクを感じるスッキリした味わいとなっております。

国内で生産されている卵の5%しかないといわれる平飼い卵、さらに、オスが一定数飼育されている“有精卵”、そして、こだわり自家配合100%飼料となれば、全国的にも希少性の高い卵です。お米がメインなので、色が一般のものと比べて薄いのが特徴です。品種はボリスブラウンとあずさです。飼育数は2400羽程度と非常に少ないです。

◆「ホンモノ」として高い評価をいただいています
とにかく、飼料にはこだわっております。見た目は薄い色の黄身ですが、味はサッパリしているのにコクを感じます。某ホテルでは、7名のシェフがブラインドテストで、表彰実績のある卵と比較したら、すべて“大地の卵”を選びました。湯田中温泉にあるプリン専門店で使っていますが、卵と牛乳で味が決まるといわれるプリンで、お客様に好評です。食にこだわったレディースクリニックでも使っていただいております。「ホンモノ」を求める所では、満足度の高い卵を提供できております。卵かけご飯におススメです!

◆期待以上の満足を提供したい
軽井沢へも納品しておりますが、多くの首都圏の方が購入されております。また、東京や大阪の方からも注文がございます。地元長野以外の多くの方々に、ここまでのこだわり卵があることを是非知っていただき、食べていただきたいと思っております。日ごろ“期待以上の満足”を提供できるよう日々精進してまいります。

◆「五方良し」を目指しています
当養鶏場では、障がい者就労支援事業所とも連携しております。鶏もアニマルウェルフェア(動物愛護)の精神の元、飼育に取り組んでまいります。「買い手良し」「売り手良し」「世間良し」の近江商人「三方良し」ではなく、さらに「働き手良し」「鶏良し」の「五方良し」を目指して、事業展開してまいります。