千葉県長生郡白子町

酒巻良行

酒巻農園 のうのうファーム

オニオンチップス、玉ねぎ煎餅、さつまいも、生落花生

◆「のうのう」が会社員だった私に農業を教えてくれました
酒巻農園の酒巻です。千葉県出身。千葉在住です。
正式名は酒巻農園のうのうファームと申します。
のうのうとは、こちらの地方で曾祖父の事で私の子供達は「のうのう」と呼んでいました。その優しいのうのうが会社員だった私に農業を教えてくれました。のうのうが大事に育ててきた畑で多くの人の幸せと健康になる【食べ物】を作っていきます。

◆本物の食べ物作りを
リーマンショックの影響で会社の休日が多くなり、のうのうに教わりながら農業を始めました。当産地は玉ねぎが主力作物ですが、大きくみずみずしい玉ねぎが名物で私も慣行栽培で作付していました。
しかし、年々増える病気、それを抑える農薬散布に違和感を持っていた所、微生物と出会いました。その後、化学物質のアトピーやアレルギーの影響なども感じ、食べられる土作りを意識して化学農薬、化学肥料を使わず、動物性の有機肥料も殆ど使わない栽培法に挑戦しています。【人は食べたものでできている。本物の食べ物作り】をモットーにしています。

◆九十九里海岸沿いで、農薬・肥料を殆ど使わない栽培をしています
千葉県の外房 九十九里海岸沿いにある白子町は温暖な気候といつも吹いている海風がミネラルを運び、砂地の土地の為、すっきりしたエグミの少ない野菜が出来ます。
酒巻農園では玉ねぎをはじめ、さつまいも(紅はるか、パープルスイートロード)、落花生(おおまさり)、お米を農薬、肥料を殆ど使わず栽培しています。(米、さつまいも、落花生は使いません、それをワイルド野菜と呼んでいます)
また、加工品も玉ねぎ煎餅や玉ねぎクッキー、オニオンジャム、オニオンチップス、オニオンフィナンシェなどがありますが、大きい業者ではなく、地域の手つくりのお店や知的障碍者の作業所とコラボして数量限定で生産しています。材料もこだわり、国産小麦や甜菜糖、九十九里の手作り塩【山武の海の塩】を使っています。

◆未来の子供達に夢を持てる社会を!!
子供から大人まで治る事が難しい病気(アトピー、アレルギー、糖尿病、高血圧)
それらは、薬や手術で止められても治る事の難しい病です。
もしかしたら、生活の何かを変える必要があるのかもしれないと考えました。
病気になる食べ物を口にすれば病気に、元気な食べ物を食べれば元気に!!
元気な人達が作った資材 竹炭(いすみ竹炭研究会、にがり(山武の海の塩、微生物(ナルナル菌石井商事)、複合発酵酵素液(高田造園設計事務所)などを使い元気な土壌へ、それに私の想いを込めて元気の循環農法で食べ物を作ります。
これからの高齢化社会は医療費や年金を若者の負担にするのではなく、高齢者も元気に働き、元気に遊ぶ経済を支える大事な存在になって欲しい、なりたいと思っています。

◆食べ物を通じて地域づくり
食べ物は栄養を摂取するだけではなく、想いを頂いていると思います。
畑に入れる資材から地域の飲食店、異業種の方々と手を繋ぎ、活気ある地域つくりで楽しく元気な生活が送れる場所にしたいと行動しています。
人も菌もネットワークが大事です。
ぜひ、外房へ遊びに来てくださいね。

酒巻良行さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください