千葉県茂原市

古賀 太

(株)南千葉グリーンファーム

フルーツトマト、葉ネギ、ナス、ブロッコリー、とうもろこし

◆ご挨拶
はじめまして、私は南千葉グリーンファームでフルティカという品種のフルーツトマトを生産販売しております古賀と申します。
当農場は千葉県の市原市と茂原市の市境に位置する山間部にあり、街中の喧騒とは離れた自然豊かな場所で日々トマトを温室ハウス内で育てております。

◆ミディアムトマトをミニトマトへ
私共の農場では、トマトの樹にストレスを与えて実に味を凝縮させるよう灌水量をできるだけ抑える手法を用いた「アイメック農法」で、フルーツと同等、もしくはそれ以上の甘さを追求したトマトの生産を実現しております。
中玉トマトの品種をミニトマト大サイズまでギュッと小さく絞ることで収穫重量は減るのですが、その分一個一個のトマトが驚くほど甘く美味しく仕上がり、トマト嫌いやトマトが苦手だった方々にも「これならイケる」、そしてトマト好きな方には「もうこのトマトしか食べれない」と喜びの声を頂いております。

◆ポケットマルシェ参入へ
そのような地元の方々のありがたい声に支えられてきたのですが、やはり農業に携わっている以上もっと多くの方にこの味を届けたいと思い始め、そしてどんなに遠くてもしっかり生産者と消費者の繋がりが持てるポケットマルシェの存在を知り、全国の方々へ私共のトマトの味を知ってもらう絶好の機会と考え参入を決めました。

◆生産者の思い
どんなに頑張っても人ひとりができることなんて相当に限られてきます。農業特にミニトマト栽培は日々の厳しい管理とメンテナンスに尽きるとても手のかかる品目だと思っています。
当社では一人一人が重要な役割を果たし協力しあうことで発展してきました。そして想いは常によりよいトマトを提供することに尽きます。
それらのトマトを皆様に提供できる日をスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

◆様々な露地野菜の栽培
私共の住む千葉県は山間部とはいえ夏季にはハウス内トマト栽培は向きません。そのため夏から秋口にかけては露地野菜の栽培にさかんに取り組んでおります。
そちらのほうの出品も考えていますので是非夏野菜も楽しみにして頂ければ幸いです。