神奈川県小田原市

久保寺 智

久保寺農園

野菜、ハーブ

◆お客さまへのごあいさつ

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
久保寺農園の久保寺 智です。神奈川県出身、小田原市在住です。「人の力と少しの道具でできるシンプルな農業」をテーマに、日々のお野菜作りを全力で楽しませてもらっています♪


◆農家になった経緯

もともと自然の中で遊ぶのが好きで、アウトドアスポーツに取り組むことも多かったことから、「大好きな自然の中に、より溶け込むために最適なライフスタイルは?」というようなことを自然と考えるようになり、その流れから農業とのご縁をいただきます。
農には人間が生きていくのに必要な根源的な要素がたくさん詰まっていて、自然とのかかわり合いも深いことから、上記の問いの回答を得られるような気がし、次第にのめり込んでいくようになりました。

農に興味を持ち、色々なことを体験し学ばせていただいている内に、「農は自分にとって一生をかけて取り組む価値のあるもの」と感じるようになりました。

自然の生物循環の中で育まれていく土。その土の力を借りて育つお野菜たち。自分の思いや手の通ったお野菜たちが自分や自分の大切にしている方々の体のエネルギーになる。
こうした連鎖を普段の生活の中で実感できることにも魅力を覚えるようになり、現在も農生活から得られる幸福感にドハマりしています♪

◆生産物・地域の紹介

神奈川県の西部に位置する小田原市は、とても温暖な地域ですので、露地栽培でも年間を通して様々な野菜を育てることができます。
そんな地域の特性を活かし、年間を通して約50~60種類のお野菜やハーブを育てています。

◆大切にしていること

自然界には沢山の生物が存在していて、草や虫や菌、様々な生命が複雑に絡み合って循環しています。
私たちは、その野生の中のダイナミックな命のやり取りに、より深く溶け合えるような畑仕事を行うことを理想としています。
その理想に少しでも近づく為に、私たちは「耕さず、肥料、農薬を用いない」という農業スタイルをとっています。
トラクターなどの大型機械は入れず、基本的に作業は手作業ですので、大量に生産することには向かない方法ですが、多くの量を生産することよりも「自然を尊重しながら、自然と手を取り合って進んでいけるような農業をしていきたい」という、自分たちの理想を追求していくことを大切に考えています。

◆未来への希望、思い。

現代は、食や農業分野でのテクノロジー投資が世界的に加速しているような時代ですので、そんな時代の流れに逆行するように原始的な手法を選んでいることに自分でも不思議な感覚を覚えることもありますが、自然の仕組みを活かしていくことを最優先に考えられた、循環力や持続可能性の高い農業が未来の農業の1つの形として存続し続けることができたら、それはとても素敵なことなのではないかと思っています。

◆日々のこと

農園の日々のことや野菜に関することをBlogやFBに綴っていますので、もしご興味あれば、その他のメディアページもご覧になってください♪

Web
http://www.kuboderafarm.com

FB
https://www.facebook.com/kuboderafarm