静岡県掛川市

大角昌巳

オーガニック農園しあわせ野菜畑

有機JAS認定・オーガニック野菜を年間50品目栽培

【 免疫力アップ! 抗酸化力の高い野菜です】
静岡県掛川市にある約5ヘクタール(東京ドームと同じ広さ)の自社農園で、農薬と化学肥料を使わないオーガニック野菜を年間50品目育てています。
有機JAS認証の本物のオーガニック野菜です。野菜の健康診断(メディカル青果物研究所)の分析結果によると、調査した野菜の抗酸化力が普通の野菜の平均値よりも高いことが示されています。
残留農薬検査、水質検査、土壌検査、放射能検査を実施、食の安全や環境保全にも取り組んでいます。
ハウス栽培ではない、太陽の下で育った旬の野菜は味が濃く、野菜本来の美味しさです。

【 三密ではないことが、オーガニック栽培のコツです。】
しあわせ野菜畑のオーガニック野菜は、温室やハウスとは違う「密閉空間ではない露地栽培」です。
株と株の間を広くとり、風通しをよくした「密集させない栽培方法」で病気を防ぎ、東京ドームと同じ広さの農場で「密接しない栽培管理」を行っています。
インフルエンザで学級閉鎖になりそうな時でも、半ズボンで元気な子供がいますが、野菜も同じで、農薬や化学肥料を使わなくても元気でいる、そんな野菜を育てています。

【農業は可能性がいっぱいです。】
代表の大角(おおすみ)は、元農業高校の教員です。「農業の可能性を追求すること」を目的に47歳の時に退職し2009年に起業しました。2019年に東京農大卒の女性スタッフが、2020年には農業高校を卒業した男性スタッフが加わり、16名のスタッフで年間50品目のオーガニック野菜を育てています。

大角昌巳さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください

もっとみる