茨城県小美玉市

金谷正明

金谷fam

ブルーベリー


皆さん、こんにちは!
金谷famの金谷正明と申します。

茨城県で農家の家庭で産まれ育ちました。
元々趣味で野菜作りをしていましたが、行政職を定年退職後本格的に農業を始めました。
茨城県知事からエコファーマー認定も頂いております。

【農園名の由来】
金谷famは「農場=farm」と「家族=family」をかけており、消費者の皆様にも家族のように親しみを持って頂きたいという思いから名付けました。

【茨城県小美玉市】
小美玉市は自然の郷、気候に恵まれ第一次産業が盛んな町です。
町起こしの一貫として十数年前に「県・市・生産者」が一体となり土壌管理や苗木の植え付け、剪定、出荷、圃場管理視察が始まり金谷famでもブルーベリーを育て始めました。
自然がいっぱいで空気も美味しくとても素敵な町です。

【金谷famのブルーベリー】
金谷famでは現在、約210本のブルーベリーを育てています。
ハイブッシュ系とラビットアイ系の2種類を栽培しておりますが、環境や土壌と相性の良いラビットアイ系が大半をしめています。収穫時期により大きさは様々ですが、甘味の強いとてもジューシーなブルーベリーです。

ブルーベリーは追熟しない為、完熟の段階で一つ一つ丁寧に手で収穫します。
6月下旬から9月頃までが収穫期間な為、真夏の手摘み作業はなかなかの重労働ですが、1年かけて育てたブルーベリーの姿や食べてくださる方の事を考えただけで力が湧き頑張れるのです。

是非、金谷famのブルーベリーをご賞味頂けましたら幸いです。