長崎県西海市

生田智昭

株式会社大地のいのち

カラマンダリンジュース

◆ご挨拶
「大地のいのち」は、有機農業を進化させた新時代の環境保全型農業に取り組む農業生産法人です。農業指導から農業生産、販売までをトータルに手がけています。
持続可能な農業を目指して、土づくり、人づくりに取り組んでいます。

◆大地のいのちとは
「大地のいのち」は長崎県西海市西彼杵半島の北部、長崎市と佐世保市の中間にあります。
太陽と海と山の美しい景色が広がっていて気候も温暖な素晴らしいところです。
新鮮でおいしい安心して食べられる野菜や果物で皆様に幸せをお届けしています。

◆生産物にかける思い
西海市自慢のカラマンダリンは、カリフォルニアのキングマンダリンと日本の温州みかんから生まれた、とにかく待ち長い春みかん。樹上でしっかり熟して、とびっきり甘くちょっぴりすっぱくなるのを辛抱強く1年待つのです。普通では考えられないような長さですが、待つだけの甲斐はあって、それはそれは美味しく極上のみかんになります。

柑橘の王様カラマンダリンは、食味に優れた品種ですが、実は寒さに弱いという特性があります。しかし西海市は大村湾と言う大きな内海が自然の蓄熱(湯たんぽ)の働きをして、湾に面した畑が1年中温暖であると言う全国的にも珍しい地形のため、寒がり屋のカラマンダリンにはとても心地よい楽園です。

◆栽培の目標
西海カラマンダリンの果樹園では有機質を多用して微生物の理想の生態系を再現するサンビオティック農業技術で、健康な土づくりを大切にしています。海藻や魚を原料とした肥料などを使い、農薬や化学肥料に頼らない、より自然な栽培法を目指しています。