鳥取県鳥取市

谷上正樹

たにがみ農園

梨、なた豆茶

こんにちは!鳥取県鳥取市で梨を栽培している梨専業農家です!
とっても山奥で梨を栽培しております。たにがみ農園は主に鳥取名産の「二十世紀(にじゅっせいき)梨」をメインに、新品種でとっても甘い「新甘泉(しんかんせん)」や「王秋(おうしゅう)梨」などを栽培しております。準高冷地で栽培されてみずみずしい梨をどうぞよろしくお願いします

[農園のはじまり]
 昔、梨がまだ貴重で高価な時代。二十世紀梨を一ついただきました。今のような大玉の梨ではなく、それはそれは小さい梨だったそうです。
当時、たにがみ家は9人家族。果実を切ること数回…。皆に配られた梨は、反対側が透けて見えるほどだったそうです。それを悲しく思った先代は、「子供たちには梨をお腹いっぱい食べさせてやる!」っと思った事がきっかけだったそうです。
昭和23年、当時くわ畑だった場所に15本の苗を植えたのがスタートでした。家族、そしてヤギや羊の力も借りながら、雑木林を開墾し梨木の数を増やしていったそうです。
[2代目]
昭和45年に現園主(正樹)も加わり、大雪や冷夏長雨・台風などの被害も乗り越えながら、さらに本数を増やしていきました。
平成20年 たにがみ農園食品加工場も完成。現園主の妻(由紀恵)が担当する加工品も開始した。今まで以上に、高品質な梨を生産するために、労働力に見合った面積に縮小。
[3代目]
2019年に3代目が就農し、ブログでせがれとして発信中!なた豆栽培やスマート農業にも取り組み中!