福岡県八女市

井手敦美

ヤマノユメ農園

ホワイトパールオニオン、ゴーヤ、白ナス


◆ヤマノユメ農園の井手です
福岡県八女市で女所帯で農業を営んでいます。屋号の由来は、インターネットの普及によってどんなに田舎でも野菜を通じて直接全国の皆さんとつながることができる時代に、ワクワクするような夢を見たいという思いを込めて名付けました。

◆農家になった経緯
37年前に農家に嫁いできてからずっと専業農家として一家で農業をやってきましたが、8年前に主人が他界してからは外へ働きに出るようになりました。その間、義母が畑が荒れないようにコツコツと手入れをしてきてくれましたが、今年私が還暦を迎えるにあたり、娘たちの後押しもあってもう一度農業を頑張ってみようと決心することができました。

◆寒暖の差が大きい地域だからこそ、野菜は美味しく育ちます
わたしたちが農業を営む八女市黒木町は、熊本県との県境から車で10分というほど福岡県の南部に位置します。盆地ということもあり、冬場は福岡県の最低気温を叩き出すほど。しかしこの寒暖の差によって、野菜は美味しく育っていきます。

◆農産物のご紹介
メインとなる生産物はたけのこ、ゴーヤ、白ナスです。特筆したいのがたけのこで、収穫にあたっては探すのも掘るのも機械化ができないので全てが手作業で行います。成長速度が速いため、春先に地面から穂先が見え出したら待ったなしで1ヶ月間毎日急な斜面を往復しながらひたすら掘り続けます。そんな中、長年仲買をされている専門業者の方や飲食店経営の方から柔らかさとえぐみの少なさを誉めていただいたことがとても嬉しく、励みにしながらこれまでやってきました。

また、そのたけのこを昔からの保存食の干したけのこに加工したりもしています。茹でたり干したり、たくさんの手間はかかりますが、あめ色に乾燥したたけのこは生鮮とはまた違った風味と食感があり、この美味しさをもっと身近に感じていただけるように頑張っていきたいと思っています。

井手敦美さんのコミュニティ投稿はありません。

あなたも「ごちそうさま」を伝えてみませんか?

投稿をコメントするには登録・ログインしてください